Just another WordPress site

花かすみ

未分類

自分で作れる!プリサードフラワーのコツ

更新日:

お店や通販で買うのが当たり前のプリザーブドフラワー。取り扱いに注意さえすれば自分で作ることができます。脱色、着色、乾燥という過程で作りますが、はじめは思うような色に仕上がらなくても、繰り返し作業をしていくうちに、自分が思い描いている色のプリザーブドフラワーができるようになります。

脱色と着色が1本でできる加工液も販売されていますが、ここでは脱色液と着色液を使い分けた加工方法をご紹介します。

用意するもの

・脱色液
・着色液
・ガラス瓶
・アルミホイル
・ピンセット
・フローラルフォーム(なければ段ボール)

花選びの注意点

しっかり水揚げされた花を選びましょう。古い花は花びらが取れやすいので、新鮮なものを選びます。また、花びらが痛んでいるものや、形の悪いものを避けるときれいなプリザーブドフラワーに仕上がります。赤や黄色などの濃い色の花は脱色の過程で色が残る可能性があるので、できるだけ色の薄い花を選ぶと良いでしょう。

脱色する

生花本来の色と、花材の水分を抜いていきます。
①ガラス瓶に脱色液を満たし、しっかりと花材を沈める。アルミホイルの落し蓋をして、花全体が液に浸かっていることを確認する。
②蒸発を防ぐため、瓶のふたをしっかりと閉め、24時間以上浸ける。
③脱色されたことを確認したら、ピンセットで花を取り出し、しっかりと液を切る。その際、花びらはもろく崩れやすいので茎の部分を掴むようにする。

・脱色液は再利用ができます。しかし、再利用の場合は、前回使用した時の花の脱色成分(色素や水分、樹液など)が混ざっているため、再利用を繰り返すと脱色液が茶色や緑色になり、脱色がうまくいかなくなります。色の薄い花を脱色する際は、再利用の液より新しい液の利用がおすすめです。
・脱色の過程で、花びらがパリパリの状態になります。そのため、瓶にたくさん花を詰めすぎると花が破損してしまうので、瓶の中で余裕を持たせて液に浸しましょう。

着色する

花に色をつけ、プリザーブドの加工をします。
④脱色液に浸した花は、放置すると花びらが萎縮してプリザーブド加工がうまくいかないため、取り出した後はすぐに着色液の中に入れる。
⑤蒸発を防ぐため瓶のふたをしっかり閉め、24時間以上浸ける。

・着色液は脱色液と同様に、再利用ができます。ただし、前回使用した花の脱色液が含まれているため、繰り返し使っているうちに着色がうまくいかなくなるので、使い過ぎには注意しましょう。

洗浄・乾燥させる

⑥着色した花をピンセットで取り出し、花についた余分な着色液を脱色液で洗い落とす。

・脱色液は、生花を脱色する際の脱色液と使い分けをおすすめします。
・ただし、生花を脱色した後の脱色液を洗浄用として使用することは可能ですが、洗浄用に使用した脱色液を生花の脱色に使用するのはおすすめしません(着色液が含まれており、脱色がうまくいかない可能性があるため)。
・色の薄い花なら数秒で、濃いものは3~5分程度で洗浄できます。あまり洗浄しすぎると花が薄くなってしまうので注意しましょう。

⑦しっかりと脱色液を切った花を、フローラルフォームまたは穴をあけた段ボールに挿して2~10日程度乾燥させる。花に触れて着色液が手につかなければ完成。

・乾燥では、余分なアルコール分を飛ばします。直射日光が当たらない場所で、直射日光を避けて湿度の低い場所に置きましょう。

液の取り扱いについて

・用途以外の取り扱いはしないようにしましょう。
・火気のある場所では絶対に使用してはいけません。
・液が皮膚に触れないよう、手袋の着用をおすすめします。においが気になる方はマスクを着用し、部屋の換気を十分に行いましょう。
・色の濃い着色液は衣服に付着しないように注意が必要です。
・脱色と着色の過程で、誤飲を防ぐために瓶のふたに「飲めません」と書いた付箋を貼り付けておきましょう。脱色・着色の日時を記載すると時間の目安がわかり便利です。

使用後の液の破棄について

加工液は危険物です。排水溝には流さず、各自治体の処理方法に従ってください。
ここでは廃棄方法の一例を紹介します。
①二重にしたビニール袋に新聞やキッチンペーパーを敷く
②破棄する液を①の中に入れる。
③液と同量の水を入れる。
④ビニールの口を縛って、可燃ごみに出す。

大きな花のプリザーブド加工

カサブランカなどの大きな花材は、大きめの瓶や大量の液を用意しなくても花びらをはずして少量の液で加工できます。花心に自然な黄緑の着色をすれば、より本物に近いプリザーブドフラワーの作成が可能です。
一連の工程を経て、乾燥できたら花芯と花びら1枚ずつにワイヤリングを施し、それらのパーツをバランスよく配置して1本にまとめれば完成です。

いかがでしたか?
自分で作ったプリザーブドフラワーなら、思い入れが増してフラワーアレンジメントをいつも以上に楽しめそうですね。加工液はインターネットの通販で購入可能です。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

花が好きです!

-未分類

Copyright© 花かすみ , 2018 All Rights Reserved.